インターネット受診予約
目からウロコな歯の話

日明あすか歯科クリニック

  • 〒803-0831
    北九州市小倉北区日明4丁目6-27
    TEL:093-231-6480
    FAX:093-231-6400
  • 医院前に専用駐車場3台あり

  • 診療時間:月~土 午前10:00~13:30 午後15:00~19:00(最終受付18:30) 休診日:水・木・日・祝日

こどもが「歯が痛い」といったときは手遅れ!? 歯が痛くなるまで気づかない原因

こどもが「歯が痛い」といったときは手遅れ!? 歯が痛くなるまで気づかない原因

歯医者に行くのっていやですよね。
できれば行きたくないという方は多いと思います。
しかし歯の痛みは我慢できない。

1日中痛いときどんなに痛み止めを飲んでも効かない!
このようなご経験はありませんか?

実は歯の痛みのシステムを知っておけば、痛い思いをせずにすみます。
つまりこどもさんがむし歯の治療で大泣きしたり、ご自身だってわざわざ痛い思いをせずにすむ場合がほとんどです。

歯が痛いのには原因があった!?ここではそのメカニズムについてお伝えします。

痛いときは手遅れ!その原因は…

歯の構造上、痛みを感じにくい構造だからです。

歯の構造は歯の表面の層のエナメル質。2番目の層の象牙質。3番目の層の歯髄(神経)の3層構造になっています。

むし歯の進行はそれらの層のどこまで進行しているかで全部で4段階に分けられます。

歯の構造のいいとこでもあり悪いところでもあるのですが、実は3番目の層の歯髄まで到達しないと痛みが出ないのです。

こどもさんが「歯が痛い!」といった時はすでにレベル3まで達している場合がほとんどです。
しかもこうなってしまうと治療の方法は1つしかありません。
「神経をとる」という方法です。

生きている神経(もしくは死にかかっている神経)をとるわけですから痛いです。
当然麻酔をします。誰もが嫌いな注射です。
炎症の大きさ(歯の痛み具合)によっては全く麻酔が効かない場合もよくあります。
大人ならともかく、小さなこどもさんはおそらく怖がって治療自体が難しくなるでしょう。

逆の言い方をすれば痛くならないうちならば、つらい治療をしなくて済みます。
そうです。定期的な健診でレベル1のむし歯の段階で治療してしまえばよいのです。

まとめ

むし歯で歯が痛いと歯医者さんへ。いざ治療が始まると痛いんじゃないかとハラハラ…。
逆にいうとレベル1・2の段階での治療は全くといってよいほど痛くありません。
麻酔をして神経を取る前にむし歯は早期発見・早期治療していきましょう。

上にもどる